固定価格買取制度

2012年7月に、再生可能エネルギーの固定価格買取制度が始まりました。
再生可能エネルギーとは、太陽光や風力、水力、地熱やバイオマスのことです。
国が定める固定価格で、1kWhあたり固定価格で国が買取ることになりました。
電気事業者が調達したエネルギーは、送電網を通じて電気として供給されます。
発電を行っても売電できないということがなくなり、安定的な収益を見込めます。
これはメガソーラーを事業化する上で、とても大きなポイントとなっています。

メガソーラーが生み出した電力の買取価格は、太陽光発電システムの設置の規模によって異なってきます。また、期間も異なっています。
最大出力が10kW以上の場合は1kWhあたり42円で20年間というようになっています。
10kW未満の場合は42円で10年間です。
10kW未満でエネファームやエコウィルなどを太陽光発電システムと併用した場合は34円で10年間となっています。

メガソーラーは、国の定めた固定価格買取制度により、事業化にする計画がやりやすくなっています。
ソーラーパネルの設置も、建物の屋上に設置することが可能で場所をとらないため、エネルギーの切替という点に置いても非常に優れています。
場所を新たに作ったりすることがないので、住民の反対等があまりありません。
買取が固定化して、安定しているために今後事業化を検討する企業が増えていることもあります。
メガソーラーは現在、多くの国や企業が注目しているシステムです。