かかるコスト

メガソーラーは、設置するパネルの大きさや規模によって、初期費用が異なってきます。
大規模で集光型ものを設置する場合、大きな土地が必要になる場合があります。
また、どの程度パネルを敷き詰めるのかにより、費用も異なってきます。
なお、国や地方自治体の補助金も発生しますが、どの程度の金額になるのかは、規模によって異なってきます。
また、地方自治体によっても金額が異なることがあるようです。
集光に使うパネルの種類によっても、金額は異なります。

一般的な50kWの太陽光発電システムのメンテナンス料金は、年間で10万円~20万円前後のようです。
なお発電所によっては、管理維持のために発電所内に職員を常駐配置しているところもあるようです。
職員を常駐に配置することにより、早急に対応できるような管理体制をとることができます。
メガソーラーは、広い土地にパネルを敷き詰めている場合も多く、メンテナンスが必要になります。
パネルの清掃や、草木の整備や点検を行うことにより、より効率よく電気を供給することが可能になります。
草木や、汚れなどは影になることが多いので、定期的なメンテナンスが必要です。

メガソーラーが注目を集めたのは、東日本大震災以降のことです。
多くの人がエネルギーのあり方について考えるようになり、再生可能エネルギーが大きな注目を集めました。
太陽光と言う自然のエネルギーを使用している点と、事業として収益を上げることができるという可能性の高さから、メガソーラーは多くの人に検討されています。